人気ブログランキング |

エミリー・ウングワレー展

“午前中にでかければ少しは熱さを回避出来るだろう”
と見込んで、開館直後を狙い六本木にある
『国立新美術館』までお出掛けしてきました
(んがっ!熱さはこれっぽっちも回避出来ず...oTL..ううっ..)

↑目的は『エミリー・ウングワレー展』
アボリジニの彼女は、とっても面白い経歴を持つアーティストで
アボリジニとして伝統的な生活を送り
その中でごくあたりまえに生活の一部として
ボディーペイントや、砂絵や、ろうけつ染めといった
アートに携わっていました
それが80歳近くになった頃、カンヴァス画を描きはじめ
なんと亡くなられるまでの8年間に
3千点とも4千点ともいわれる作品を
うみだしているというのだから驚きです!!
だって、80歳のお婆ちゃんが巨大作品をいくつもいくつもつくりあげ
しかも制作日数もとても短く
描いて!描いて!描きまくっている〜という
パワフルというか、エネルギッシュというか..
とにかく“スーパーお婆ちゃん”なのです
その作品達からはオーストラリアの大自然が画面いっぱいに感じられ
自然の色彩がたっぷり鏤められているのですが
それがもう、天才的なレイアウトと色彩のセンス!!
見事です。。
こんなにも自然で狙っていない作品を観るのは
久しぶりな感じで気持ちよかったなぁ:*・゚(*′艸`*)

亡くなられる数日前に描いたという作品は
余計なものが削ぎ落とされた..
ある意味行き着いたような...
そんな作風で、色々と考えさせられました。。

開期は今月の28日までですので
もし、興味を持たれた方はお早めに^^
e0101332_17544424.jpg

by applehead-64 | 2008-07-25 17:58 | おでかけ
<< ミスと偶然で有楽町 夏は生きづらい.. >>